食器を捨てすぎたもよう

少ないモノでの暮らしを目指して色々捨ててきましたが、最近少し捨てすぎたかもと後悔しているものがあります。食器類です。

元々食器が好きで、それなりに持っていたのですが、シンプルライフに目覚めて最小限に減らしました。でも、やっぱり捨てすぎたかも?

食べることが大好きな私にとって、食器は思っていた以上に大事な要素だったようです。今は子供も小さいので、そんな頻繁に外食には行けないし、作るのは自分。食べる前からどんな味か想像もできるわけで、ちょっと味気ないというかつまらないんですよね。そもそも外食大好き人間なので。

その味気無さを補っていたのが食器だったことに気づきました。前のように沢山にはしませんが、少し増やそうと思っています。同じメニューでもお皿が変わるだけで、新鮮に感じられたりするんですよね。

そもそもモノを減らしたのは、より心地よく暮らすため。減らすこと自体が目的ではないので、減らしすぎて心地良さが減っているならそれは増やすべきなんだなぁと思っています。目指しているのはルールなどを決めない柔軟なシンプルライフなので。

捨ててしまった食器がもったいないというか、無意味な行動だったようにも思われますが、いったん捨てまくったおかげで、自分の生活にとって食器が思っていた以上に大切な要素だったことに改めて気づけたので良しとします。

スポンサーリンク
シンプルライフ
\シェアしてね/
\Follow Me/
スポンサーリンク
ノゾミ

4歳の息子と小さなアパートで暮らしています。夫とは週末婚。子育てとシンプルライフの両立、より機能的な暮らしを目指しています。

\Follow Me/
シンプルライフ+子育て