幅狭靴を求めて…足の幅が狭くて合う靴がない問題

今日は私の靴ジプシーの話について書こうと思います。私の足のサイズは22cmのA~Cワイズです。自分の足が幅狭だと知ったのは2010年頃。それまでずっと幅広だと思い込んでいました。

 

子どもの頃からずっと合う靴がなかった

私は子供の頃からずっと歩くとすぐ足が痛くなっていました。でも、靴とはそういうものだと思っていたし、周りの人もみんな痛いのを我慢しているんだと思っていました。それでも、子供の頃はスニーカーだったのでまだマシでした。

 

ヒールを履くようになってからは本当に痛みとの闘いでした。もちろん、スニーカーを履けば良かったのだと思いますが、やっぱりオシャレをしたかったのです。

 

パンプスはパカパカする

そんな私が不思議に思っていたのは、パンプスをパカパカさせずに歩くことができる人です。私はどんなパンプスを履いても踵が抜けてしまってストラップがついているものしか履けなかったのです。ずっと自分の歩き方が悪いのだと思っていました。

 

足を鍛えれば脱げなくなるのかもしれないとウォーキング法などをネットで調べたりしていました。でも、踵が脱げなくなることはありませんでした。

 

痛くない靴を求めて

20代前半は痛くない靴を求めていくつも靴を買っていました。シューフィッターさんがいる百貨店でみてもらって、ちゃんと履いてみて買っていましたが、結局痛くなるんですよね。お店では大丈夫そうな気がしても、実際に道を歩いたら10分くらいで痛くなるっていう。痛くない靴を探しては失敗してを繰り返していました。

 

本当は幅狭だった

そんな私が靴が合わない原因を知ったのは2010年頃だったと思います。伊勢丹のシューフィッターさんに「足の幅が狭い」と指摘されたのです。私はずっと自分は足の幅が広くて甲が高いから合う靴がないのだと思っていました。幅が狭いなんて考えたこともありませんでした。

 

シューフィッターさんいわく、足の幅が狭くて本来足が入るべきでないところ(捨て寸)に足が入ってしまって痛くなっていると。確かに靴を履いていると前に前に足が入っていってしまっていましたが、靴とはそういうものなんだと思っていました。踵がパカパカ抜けてしまうのも靴の幅が合っていないからだったのです。

 

シューフィッターさんには、ここに合う靴はないと言われその日は帰りました。今考えると、とても良心的なシューフィッターさんです。シューフィッターさんに言われた「幅狭」というのはとても衝撃的だったので、帰ってすぐにネットで調べてみました。

 

足幅&足囲を測ってみた

人生で初めて足幅と足囲を測ってみました。(詳しい測り方は→「足囲測ろう!プロジェクト」を参考にどうぞ)ネットのサイズ表とてらしあわせてみるとワイズCと。それまで、ワイズはEで表記するものだと思っていたので、E以下があることに驚きました(アホです)

 

それまでE以外のワイズ表記の靴を見たことがなかったので、Eがワイズの意味なのかと思っていました。E~4Eまでしか種類がないんだとばっかり思っていました。

 

シューフィッターさんのいう通り、確かに私の足は幅狭だったのです。調べてみるとCワイズの靴は日本の既成靴ではほとんど売ってないと。(今はCワイズの靴はだいぶ増えてきたようです)合う靴を買うにはオーダーしかないことも分かりました。でも、痛くない靴が履けるなら少し高くても全く問題ない、それくらい靴には困っていました。

 

銀座かねまつのクチュリエへ

調べて良さそうだった銀座かねまつのオーダーサロン「クチュリエ」へ。まず足の計測でした。やはり22cmのCワイズと言われました。でも、実際にCワイズのパンプスを履いてみると踵がパカパカ。Bワイズでもパカパカ、Aワイズでもパカパカだけど、2Aだときつすぎて入らない。実際の靴ではAワイズとのことでした。こういうことはよくあることだそうです。

 

Aワイズでも踵が浮いてしまうけど、2AだときつすぎるのでAワイズでストラップをつけるという形がベストだということに。ピッタリというわけではありませんでしたが、今まで買っていた靴よりは歩きやすかったのでクチュリエでは5~6足オーダーしました。今、考えるとクチュリエの靴は踵が大きかったと思います。かかとが絞られていないのでAワイズでもパカパカしてしまったんだと思います。

 

フェラガモでも

銀座かねまつのオーダーと並行して買っていたのが、フェラガモです。ネットで調べて日本のフェラガモはCワイズとDワイズ展開だと知ったからです。でも、サンダルとブーツはCワイズで大丈夫でしたが、パンプスはやっぱり緩かったです。

滑り止めを入れて頑張って履いていましたが、やっぱり合わないようで痛かったです。ちなみにイタリアでは4Aとかまで展開があるそうです。何とか日本にも輸入するようになって欲しいですが。ちなみに、ブーツは今も愛用しています。

 

ブルーノマリは合っていたけれど…

そんな中、合っている靴がいくつかあったのがブルーノマリ(BRUNO MAGLI)です。普通のパンプスはパカパカして履けませんでしたが、バレエシューズやサンダルは足に合って歩きやすかったのです。

ワイズの表記は特にありませんでしたが、フェラガモと同じCかDくらいだったんじゃないかと思います。でも、私には形が合っていたのかフェラガモよりだいぶ歩きやすかったです。

ところが、2016年に日本撤退。超悲報でした。

 

幅狭靴の救世主 シュープレモ

2014年、幅狭靴界にシュープレモという新たなオーダーシューズメーカーが登場しました。ネット通販のお店ですが、都内で試着会をやっています。

 

そんなシュープレモさんが新宿伊勢丹とコラボで試着会をするというので行くことにしました。確か妊娠中だったので2015年だったと思います。シュープレモとは別に靴の専門家の人が来ていて、足を測定してもらいました。

 

そこで言われたのは普通よりも足の指が長いということ。そのせいで、ワイズだけでなくさらに合う靴がないのだとか。ポールジョイントという靴の曲がるところと足の曲がるところが合わないのだそうです。短い、狭い、位置が変と三重苦です。

 

産後、実際にオーダーしてみました。

22cmのAワイズ、5.5cmヒールです。かかとが絞られています。心配なのでストラップもつけましたが、付けなくても脱げることはありません。でも、やはりポールジョイントの位置がズレているせいなのかシンデレラフィットとはいかないのです。それでも、今までの靴の中では一番合っているのでこれからも愛用していきたいと思っています。

 

ただ、最近は子育て中ということもあってペタンコ靴ばかりでヒールの出番はあまりないのですが、今は2.5cmの展開もあるので、近いうちにまたオーダーしてみたいと思っています。

 

さらに、2018年に木型が新しくなったそうです。近いうちに試着に申し込んでみたいです。

 

 

おわりに

長くなってしまいましたが、お読みいただきありがとうございます。靴のことは本当に悩んできたのでつい熱くなって書いてしまいましたが、同じように靴のことで悩んでいる人の参考に少しでもなったら嬉しいです。



にほんブログ村テーマ 捨てる、手放す、ミニマルに生きよう♪へ
捨てる、手放す、ミニマルに生きよう♪
にほんブログ村テーマ シンプルで豊かな暮らしへ
シンプルで豊かな暮らし
にほんブログ村テーマ 断捨離シンプル&ミニマムな暮らしへ
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし
にほんブログ村テーマ 少数精鋭で着回すコーディネートへ
少数精鋭で着回すコーディネート
にほんブログ村テーマ シンプル・ミニマルライフの美容と健康へ
シンプル・ミニマルライフの美容と健康

応援してもらえると励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

ノゾミ

30代、さいたま市在住。3歳の息子と1LDK(42㎡)の小さなアパートで暮らしています。夫とは週末婚。ワンオペ育児ですが、子育てとシンプルライフの両立を目指しています。詳しい自己紹介は→プロフィール

シェアする