【ノロ】ウイルス性胃腸炎で一家全滅しないための対策【ロタ】

先日、息子がウイルス性胃腸炎(たぶんノロウイルス)にかかりましたが、私にうつることもなく息子も元気に回復しました。

 

息子がウイルス性胃腸炎にかかるのは3回目。ほぼ毎年なっています。

 

どこかでもらってきてしまうのは仕方ないのですが、週末婚なので私にうつると終わりです。夫は病気の時などは基本的に役に立たないので、私の親に来てもらうしかなくなります。親もまだ仕事をしているので、それもなかなか申し訳ないので、家庭内感染を防ぐために対策をしています。

 

 

準備しているもの

キッチンハイター

子供が吐いた時にハイターを薄めて、とかやっている余裕がないので我が家ではキッチンハイターを愛用しています。とっても便利です。

 

もちろん、普段の掃除などにも使っています。

 

ペーパーふきん(キッチンペーパー)

嘔吐物にキッチンハイターをかけた後に拭き取る時に使っています。こちらも、普段は普通にキッチンペーパーとして使っています。

 

使い捨て手袋

処理する時は必ず使い捨て手袋を使います。どんどん使い捨てることになるので安くて大量に入っているものが良いですね。

 

これは普段はほぼ使うことがないので、ウイルス性胃腸炎対策のために買いおいています。

 

使い捨て防水シーツ

だいたい布団の上で吐くことが多いので、使い捨ての防水シーツをストックしています。

 

ちなみに普段は布製の防水シーツを普通のシーツの下に敷いています。オムツから漏れてくる時があるので、その対策です。

 

使い捨て防水シーツは、布製の防水シーツがダメになってしまった後に使う用です。

 

汚れたモノは基本的に捨てる

汚れてしまったシーツや洋服は、キッチンハイターをかけて捨てています。ハイターをかけると色落ちしちゃうし、ここは割り切っています。洗濯も大変ですしね。

 

そんなことも想定して子供のシーツはニトリの安いものを愛用しています。今のところ年1で使い捨てることになっていますね。

 

ソファーも安物で

実は初めて息子がウイルス性胃腸炎になった時、ソファーがお陀仏しています。新婚の時に買ってもらったちょっと高めのやつだったのですが、キッチンハイターをかけたら色落ちしてダメになってしまったのです。

 

そんなわけで、ソファーなどの布製品は子供が小さいうちは安い物しか買わないことに決めています。今はニトリの3万円のソファーを愛用。これならすぐにお陀仏してしまっても諦められるので。

 

まとめ

これらの対策もあってか、息子は3回ウイルス性胃腸炎になっていますが私は一度もうつっていません。

 

最初の時はかなりテンパりましたが、3回目ともなると落ち着いて対処できました。そして、しっかり対策をすれば家庭内感染も防げると分かったので、今は安心しています。(嘔吐恐怖症なので)

 

来年からは幼稚園に通うことになるので、確実にまたもらってくると思いますが、対策を続けていきたいです。


スポンサーリンク
日々のこと
Follow Me
スポンサーリンク
ノゾミ

3歳の息子と小さなアパートで暮らしています。夫とは週末婚、ワンオペ育児。子育てとシンプルライフの両立、より機能的な暮らしを目指しています。

Follow Me
シンプルライフ+子育て