掃除をラクにするために気を付けていること

先日、少ないものでの暮らしを始めてから掃除が好きになったと書きました。

少ないモノで暮らしたら掃除が好きになった
少ないモノでシンプルに暮らすようになって色々と良かったことはあるのですが、その一つが掃除が好きになったことです。 元々モノを捨てたり、片付けたりは好きでしたが、掃除はあまり好きじゃありま...

とはいえ、疲れていたりして面倒に感じてしまう日もあります。そんな時でも気軽に掃除できるように気を付けていることを書いてみようと思います。

 

掃除をラクにするための工夫

掃除道具はすぐに取り出せる場所におく

やっぱり一番は掃除道具をすぐ取り出せるところに置くことかなと思います。以前、キャニスター型の掃除機を使っていた頃は掃除機を出すのが面倒でした。

今はコードレス掃除機になったこともあり、すぐに取り出せます。

 

すぐに取り出せると、ちょっと抜け毛が落ちていたりしてもすぐに掃除機をかけようという気になります。

床にモノを置かない

床にあるものをどかさないと掃除できない状態だと、掃除をするハードルが一気にあがる気がします。なので、床にモノは置かないように気を付けています。

モノをどかさずに掃除ができるとかなりラクです。

ラグやカーペットを敷かない

ラグやカーペットがあると特に冬は暖かくて気持ちいいですが、手入れが大変なので持たないようにしています。ラグやカーペットがあると、カーペットの上と下、両方掃除しないといけないので労力も2倍に。

 

移動させるのが大変な重い家具は買わない

移動させるのが大変な重い家具や家電は買わないようにしています。掃除をする時に動かすのが大変だからです。

 

今、我が家で動かすのが少し大変なのは冷蔵庫くらいです。実際、冷蔵庫の下は週1くらいしか掃除できていません汗。

 

それでも冷蔵庫は下にキャスターがついているので重いとはいえ、動かすのはそこまで大変じゃないんですよね。それでも週1になってしまう。これが重い家具だったら、たぶん月1とかになってしまいそうです。

 

そんなわけで、家具は簡単に動かせる軽いものにしています。そして、家具自体も最小限にしています。

ソファーは下のあいているもの

似たようなことなのですが、ソファーは下があいているタイプにこだわっています。

下があいていれば動かさずに掃除機をかけられるので。個人的には大事なポイントです。

 

メンテナンスが必要な掃除用具は使わない

実は拭き掃除は全てウェットティッシュで行っています。我が家は雑巾を使っていません。洗うのが面倒だからです。ウェットティッシュなら使い捨てにできます。

ゴミは増えますが、そのぶん水道代がかからないし洗剤も使わなくてすむので、いいのではないかなと思っています。

 

まとめ

モノを減らしたこと、そして掃除をラクにする工夫をすることで、面倒くさがりな私でも人並みに掃除ができるようになりました。

 

今後もよりラクに掃除できるように試行錯誤していきたいです。