今すぐ節約できる!基礎化粧品って無意味じゃない?と気づいた件

基礎化粧品って色んな種類がありますよね。化粧水、乳液、美容液、クリーム、マスク、さらには化粧水の前につけるブースター・導入液まで…こんなのそろえていたら、いくら1つ1つが安くてもなかなかの金額になります。

 

私も20代前半までは、化粧水・美容液・クリーム、時々パックと使っていました。しっかり浸透させないと!とかいう謎理論でスキンケアだけで10分くらい時間もかけていました。でも、今は1つだけ。時間もお金も節約になり、さらにお肌の状態も格段に良くなりました。

 

きっかけは皮膚科に行ったこと

きっかけは25歳の時、日焼け止めでかぶれて皮膚科に行ったことでした。薬を処方され、しばらくはスキンケアをしないようにと言われました。

 

肌をキレイにするために使う基礎化粧品なのに、肌が荒れていたら使えないってどういうこと?肌荒れを良くしてくれるんじゃないの?と疑問に思いました。

 

その後、色々調べて基礎化粧品って意味ないなという結論にいたりました。基礎化粧品に肌の状態を改善するような効果はないんです。そんな効果があったら化粧品ではなく医薬品になります。特別な効果がないからこそ気軽にその辺のお店で買えるわけです。

 

基礎化粧品代は無駄だった

このかぶれで皮膚科に行ったことがきっかけで基礎化粧品を使うのをやめ、今は医薬部外品のヘパソフトのみを使っています。高い基礎化粧品を使っていた頃より格段に肌の調子が良くなりました。

 

昔は美容部員や化粧品会社の宣伝文句をうのみにして、スキンケアを頑張らないと肌が汚くなってしまうと思い込んでいましたが、全くそんなことはありませんでした。基礎化粧品にかけていたお金は一体何だったのか…無駄に高いやつを買っていました。高ければ良いに違いないと思っていたんです…

 

自然派でも肌断食をしているわけでもない

こんなことを書いていますが、別に自然派でもなければ肌断食をしているわけでもありません。かなりシンプルになりましたがメイクをしていますし、ヘパソフトで保湿もしています。できるだけ肌の老化を遅らせたいし、キレイになりたいと思っています。

ただ、基礎化粧品ではキレイになれないと気づいたのです。肌の老化のほとんどの原因は紫外線。なので紫外線対策適度な保湿さえしておけば良いんだなぁと。高い基礎化粧品を使う必要も、あれやこれやとライン使いする必要もないんですよね。

 

18~25歳まではかなりの額を基礎化粧品につぎ込んでしまいましたが、25歳で気づけて良かったなぁと思っています。その後の方が人生は長いですからね。

 

お金・時間・空間の節約になった!

そんなわけで、基礎化粧品は使っていません。それによって

1)お金
2)スキンケアにかかる時間
3)基礎化粧品を収納する場所

が節約できました。

 

今後も美容は効果のあることだけをシンプルに行っていきたいです。




にほんブログ村テーマ

少ない服で着回す
シンプルで機能的な生活
シンプル・ミニマルライフのファッション
持たない暮らし
捨てる、手放す、ミニマルに生きよう♪

愛用品を載せています

楽天ROOM

3歳の息子と小さなアパートで暮らしています。夫とは週末婚、ワンオペ育児。子育てとシンプルライフの両立、より機能的な暮らしを目指しています。詳しい自己紹介は→プロフィール

シェアする