捨てたと言ったら引かれそうなもの

今日は色々捨ててきた中でも、捨てたと言ったら周りの人にちょっとひかれそうなものについて書いてみようと思います。

 

卒業アルバム

卒業アルバムは小・中・高・大と全て捨てました(詳しくは→卒業アルバムを全て捨てました

 

そこに何か大切な思い出がつまっているとも特に思わないのですが、ネットで検索してみると「ありえない」みたいな意見もけっこうありました。そんなわけで、卒業アルバムを捨てたと言ったらひく人も結構いそうです。ただ、私は捨てて良かったと思っています。

 

貰い物・プレゼントなど

もやは人付き合いが少なく過ぎてモノを貰うこともほとんどないのですが、昔貰った誕生日プレゼント、結婚式の引き出物、出産祝いなどで使わなそうなものは処分しました。(詳しくは→【ものを減らす】プレゼント・贈り物は捨てられない?

 

いただきものに関しては私も簡単に捨てられたわけではないのですが、リアルでは人には言いにくいですね。

 

息子のへその緒

しばらく保管していましたが、1年前くらいに捨てました。へその緒をとっておく意味も調べましたが、それを知ったうえでやっぱり取っておく意味を見いだせませんでした。これだけ科学が発展している時代に、謎の風習としか思えなくて。煎じて飲ますとか、余計に体調が悪化しそうだし意味不明です。

 

息子を産んだ時の写真も動画もあるし、私が産んだことは確かなわけで別にへその緒をとっておかなかったからって息子が悲しむとも思えないんですよね。

 

そんな風に考えているので、私はへその緒を捨てましたが、一般的には捨てたと言ったらひかれるんだろうなぁと。ブログでは書けるけどリアルでは言わない方が良さそうかなと思います。

 

まとめ

こうやって書いてみると、やっぱり思い出系のものを捨てているとひかれそうな感じがしますね。

 

とはいえ、私は今の生活とこれからの暮らしが大事なので、人にひかれようが必要ないと思うものはこれからも捨てていく予定です。自分らしく少ないもので快適に暮らしていきたいです。