捨てようと試みたけどできなかったもの

少ないモノで暮らすシンプルライフに目覚めてから色々と捨ててきましたが、手放そうと試したもののできなかったものについて書いてみようと思います。

 

炊飯器

実は炊飯器を捨てて鍋炊飯にしてみようと試したことがあります。でも、無理でした。

 

コンロが占有されて困る

鍋炊飯になると料理中にコンロが一つ占有されてしまいます。メニューによっては困ることがありました。

 

やっぱり面倒

やり方を調べたら想像していたよりは全然ラクだったのですが、ボタン一つで美味しいご飯がたける炊飯器に比べたらやっぱり面倒でした。

 

そこまで美味しくなかった

鍋炊飯といえばとにかく美味しいって噂ですが、想像していたほど美味しくはありませんでした。確かに美味しいけど、炊飯器でも十分美味しいので色々考えるとやっぱり炊飯器でいいやって結論に。もっと感動の美味しさとかだったらまた違っていたかも。

 

モノの増減は一緒

我が家は捨てまくって鍋が2つしかないので、鍋炊飯にするとしたらお鍋を1つ追加で買わないときついです。とすると、炊飯器がなくなっても鍋が1つ増えるのでモノの増減は変わらず。炊飯器より多少コンパクトになるくらいで、モノをより少なくできるわけでもないので無理に炊飯器を手放す意味もありませんでした。

 

そんなわけで今後も炊飯器を手放すことはないと思います。ただ、捨てようと試みたことで改めて炊飯器の便利さに気づきました。ボタン1つで美味しいご飯が炊けるって本当に助かりますね。

 

水切りカゴ

水切りカゴもタオルを代わりに敷くことで捨てようと試みたことがあるのですが、無理でした。

 

食器が立てられない

我が家は大きめの平皿を使うことが多いのですが、水切りカゴじゃないと立てておけないので場所をとって困りました。上にお皿を重ねるのも崩れてきそうで怖いし、かといってタオルを何枚も広げてやるんじゃ洗うタオルが増えて面倒だし。

 

自然乾燥がきつい

水切りカゴを使っている我が家は基本的に自然乾燥させています。水切りかごを使わないとなると、自然乾燥はきついのでその場でふきんで拭かないといけなくなりました。面倒すぎました。そもそも我が家には布巾がないので、布巾も買わないといけないしモノが増えます。(試してみた時はキッチンペーパーで代用しました)モノを減らしたいのにモノが増えては本末転倒です。

 

これらのデメリットを考えると水切りカゴのスペースが邪魔なことや、水切りカゴを洗うのが面倒なことなど大したことじゃないと感じられました。特に今使っている水切りかごはコンパクトなので洗うのも簡単だし、そんなに邪魔にもなっていませんでした。

 

そんなわけで、水切りかごも手放すことはないと思います。

 

目指しているのは機能的な生活

私が少ないモノでの暮らしを試みているのは、より便利に効率的に機能的な暮らしをしたいからです。家電を使わないようなエコな生活を目指しているわけでも、丁寧な暮らしを目指しているわけでもありません。炊飯器も水切りかごも私には必要なものでした。

 

ただ、手放せないか試してみたのは色々と発見もあって楽しかったです。今後もより心地よく暮らせるように試行錯誤していきたいです。