ワンオペ育児が楽しいワケ

今日は、叩かれる可能性もありそうですが、私にとってはとても楽しいワンオペ育児について書いてみようと思います。

我が家は週末婚(といっても夫が帰ってくるのは2週間に1回くらい)で、私の実家は近いですが両親は現在も共働きなので手伝ってもらえない完全ワンオペ育児です。

 

ワンオペ育児というと「大変」「つらい」といったイメージですが、私はむしろ気楽で楽しいと思っています。なぜ、ワンオペ育児が楽しいのか、自分なりに考えてみました。

 

 

自分でやらないと気が済まないタイプ

私は何でも自分でやらないと気が済まないタイプです。新卒で入った会社を4か月半でやめて自営業になったのもこの性格のせいです汗。仕事などではダメなタイプですが、ワンオペ育児には向いているんじゃないかと思っています。

 

オムツ替えやお風呂、歯磨き、ご飯の食べさせ方など全て自分のやり方でやりたいんです。手伝ってもらって口を出すのはマナー違反なので、それなら全部自分でやった方が気楽なんですよね。ワンオペ育児は全て自己流でできるので、私みたいなタイプには向いているんだと思います。

 

子供は一生持てないかもと思っていた

私はなかなか妊娠できず、不妊外来にも通っていました。色々検査をしても原因不明で、でも夫は高度な治療をしてまで子供は欲しくないというスタンスだったので、一生子供を持つことはできないかもと思っていました。

 

結局、精神的につらかったこともあり病院に通うのをやめ、気晴らしにジムに通いだしたら自然に妊娠したのですが。

 

そんなこともあり、今は息子がいるという事実だけで幸せ。子供に振り回される毎日が楽しすぎます。二人目はないかもしれないので、今の育児を心底楽しもうという心構えです。

 

モノが少ない

このブログをやっているからには、やっぱりコレですね!

モノが減ったおかげで、家事も育児も格段にしやすくなりました。子供が散らかすのはおもちゃや絵本くらいだし、モノがどこに収納されているか全て分かっているので探し物をすることもないし、他のモノが邪魔で取り出しにくいとかもありません。全てにおいて時短になっているので、そのぶん自分の時間が持ててストレスも溜まらないのだと思います。

 

ちなみに、夫は使ったものを元の場所になかなか戻してくれないタイプなので、手伝ってもらっても「おしりふきはどこ?」「靴下がないー」とかになってイライラする予感しかしません笑。アラフォーの大人を今更変えさせるのは基本的にムリだと思うので、手伝ってもらわない方がラクかもと。

 

 

そんなわけで我が家は、夫は外で稼いでくる、私は家事・育児と完全分業が合っているのだと思います。

 

とはいえ、夫の協力があったらもっと楽しかったのか?と考えるとどうなんでしょう。もっと楽しかったかもしれないけど、やり方の違いでケンカばっかりで不仲になっていた可能性も?笑