夏の寝具の準備 イヴドロームの真っ白シーツ&ハーフケット

夜寝る時も暑くなってきたので、寝具を春夏仕様に変更することにしました。

 

今まで使っていたのはニトリの暖か系の敷きパッドで、夏用の涼しい系の敷きパッドにしようかとも思ったのですが、やっぱり普通の一年中使えるシーツにすることにしました。

 

真っ白シーツ

大好きなYves Delorme(イヴドローム)の真っ白いシーツにしました。イヴドロームのベッドリネンは肌触りが本当に良くて、とーっても気持ち良いんです。昔は柄物が好きでしたが、今はシンプルなものが好きです。真っ白なシーツがあったので、コレにしました。

 

イヴドロームのベッドリネンは昔から大好きで、子供が生まれる前までは愛用していたのですが、息子と一緒に寝るようになってからは控えていました。というのも、子供はウイルス性胃腸炎になることが結構あって、今まで何枚かシーツを処分せざるおえなくなっているのです。イヴドロームのベッドリネンを半年とかで捨てることになったりしたらショックなので。

 

でも、今は隣で寝ていますが別々の布団で寝ているので私はイヴドロームを使うことにしました。やっぱり肌触り全然違って幸せです。

 

息子用のハーフケット

息子にはハーフケットを購入しました。掛け布団として使います。冬はニトリの毛布を使っていたのですが、普通サイズだったので息子には大きくて。

ハーフケットがちょうど良いサイズですね。真夏以外は一年中使えそうです。ウイルス性胃腸炎になっても掛け布団がダメになってしまったことはないので、たぶん大丈夫かなと。

 

やっぱり肌触りが良いからか、息子もすごく気に入ってくれたので良かったです。