卒業アルバムを全て捨てました

前々からどうにかしたいと思っていた卒業アルバムをやっと捨てしました。卒業アルバムは結婚してからも実家に置きっぱなしだったのですが、先日実家に行った時に全て持って帰ってきて捨てました。

 

本当は実家で捨ててもらえたらラクだったのですが、親は卒業アルバムを捨てるのを渋っていたので持って帰ってきて自分で捨てました。小・中・高・大と4冊もあったので、かなり重かったです。ベビーカーの荷物入れにいれて持って帰ってきました。こういう時、ベビーカーは便利です。

 

卒業アルバムを捨てることにした理由

単純に見ない必要ないからです。結婚してからの7年間、一度も見ませんでしたが、特に困ることも見たいと思うこともありませんでした。捨てる時にパラパラと見ましたが、特に思い出に浸ることもなく。分厚いし邪魔だなぁと。保管も悪かったのか、紙が劣化してて微妙に臭かったし…

 

特に学生時代にツライ思い出があったとかではないです。ごく普通でした。だからこそ、何ら思い入れもないのかもしれません。卒業アルバムを見たからって何かを思い出すわけでもないし、思い出は自分の頭の中にあるので、別に卒業アルバムをとっておく意味はないのかなと思います。

 

捨てた後はスッキリ!

卒業アルバムを捨てた感想は「スッキリ」の一言に尽きます。ずっと気になっていたので、本当にスッキリ晴れやかな気分です。もともとモノを捨てるのが好きなのもあるかもしれませんが笑。

 

アルバムの整理もしたい

卒業アルバムを手放してスッキリしたら、今度は幼少期の頃からのアルバムを整理したいと思うようになりました。台紙も写真も劣化がひどくて。でも、さすがにこっちは単純に捨てるわけにはいかないので、ちゃんと整理してまとめたいです。写真を厳選して、スキャナーで取り込んでフォトブックにするのが一番良いのですが、スキャナーで取り込むのが面倒そう。何か簡単にできる方法はないかな?こっちは時間がかかりそうですが、少しずつやっていきたいです。

 

追記

その後、子供の頃のアルバムもデジタル化しました。詳しくは→昔の写真・アルバムを整理!デジタル化してフォトブックにまとめました